大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]「プロに学ぶ技術で集客UP!大阪産(もん)海鮮バーベキュー研修」を開催しました(水産)

公開日 2019年11月26日

 11月13日(水)、大阪府主催・当研究所運営で、大阪産(もん)魚介類の利用拡大や地域のさらなる魅力づくりを目指し、府内漁港やイベント等で海鮮バーベキュー提供等に従事する漁業者を対象に研修会を開催しました。観光農園でバーベキューの展開を検討する農業者等も参加し、盛況でした。

 

 研修会では、日本バーベキュー協会の下城民夫会長を講師にお招きし、海鮮バーベキューのノウハウや、冷凍魚や未利用魚等を活用した調理方法等を学びました。実習で学んだメニューには、大阪産(もん)の魚や貝、野菜、米、加工品がふんだんに使われ、大阪産農林水産物の利用拡大の可能性が感じられる内容となりました。

(メニュー詳細等は、下部「研修内容」の、メニュー一覧あるいは府水産課HPをご参照ください。)

 

 また、焦げたり、パサついたり、崩れたりと、扱いが難しい魚に最適な「プランクバーベキュー」にも挑戦しました。プランク(防腐処理等をしていない木の板)の上に食材を置いて加熱するのですが、プランクに水を含ませ、フタをして加熱するので、食材がふっくらジューシーに焼きあがる上、ほんのり木の香りも楽しめます。(「いずもく(和泉市産木材)」の杉プランク試作品を使用)

 

 参加者からは、「新しい発見がたくさんあり、バーベキューに対する考え方が変わった」、「お客様に楽しんでいただけるバーベキューを目指したい」、「地魚、未利用魚の利用、プランクの導入を考えたい」等の声が聞かれました。

 

 本研修により、地域資源を活かしたより魅力的な海鮮バーベキューのメニュー開発や、漁港やイベント等の集客アップ、海と山の連携によるプランクバーベキューの普及に繋がっていくことを期待しています。

 

日本バーベキュー協会下城会長 研修会の様子

いずもくプランク プランクバーベキュー

大阪産(もん)アナゴのパエリア 沖サザエのアヒージョ

研修会の様子

 

 当研究所では、6次産業化に取り組む農林漁業者を支援する「大阪産(もん)6次産業化サポートセンター(相談窓口)」を設置しています。

お気軽にお問い合わせください。

 

▽大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/6jika/

研修内容

関連ホームページ

■お問い合わせはこちら

食と農の研究部 食農支援グループ  

担当:宮原

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9691

 

 

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ