大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]参加者募集!インターンシップ研修会「ジャム加工の衛生管理を学ぶ」を開催します

公開日 2019年08月19日

府内の6次産業化に取り組む農林業業者を対象に、安全・安心なジャム加工の研修会を開催します。

食品衛生法が改正されHACCPに沿った衛生管理が制度化される等、食品衛生管理の重要性が増す中、いま一度、ジャム加工の工程を見直してみませんか?

 

研修会は業務用厨房機器を扱うホシザキ京阪株式会社のテストキッチンをお借りし、同社担当職員の方に講義をしていただきます。

ジャム加工の実習をとおして、糖度や温度のチェック等、衛生管理の重要なポイントを学びましょう。

実習では、テストキッチンの設備を活かして、2つの方法(鍋・スチームコンベクションオーブン)でジャムを作ります。

ご参加お待ちしています。

 

インターンシップ研修会

日時

2019年9月11日(水) 14:00~16:30

会場

ホシザキ京阪株式会社 本社テストキッチン(地図[GIF:11.6KB]
(大阪市中央区内本町2-2-12)
駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

対象

ジャム等の加工を予定している、または既に取り組んでいる大阪府内の農林漁業者(先着15名程度)

講師

ホシザキ京阪株式会社 コンサル室 担当職員

内容

  • ジャム加工の衛生管理について
  • 加工実習(グループに分かれ、いちごジャム、ぶどうジュレを作ります)

参加費

無料

主催等

大阪府(中部農と緑の総合事務所、流通対策室)

運営:(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所

申込方法(締切2019年8月30日(金)

大阪府中部農と緑の総合事務所ホームページでご確認ください。

■お問い合わせはこちら

食と農の研究部 食農支援グループ  

担当:宮原

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ