大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]参加者募集!「食品表示の研修会」を開催します(中部)

公開日 2019年07月02日

2015年4月に食品表示法が施行され、あらかじめ包装されたすべての加工食品は栄養成分表示が義務化されました。

新表示基準への対応期限が迫っています(2020年3月末で経過措置期間が終了)。

 

このたび、中部地域の農林漁業者を対象に、栄養成分表示を中心とした食品表示の研修会を開催します。

食品表示法の概要や、栄養成分表示の具体例、相談窓口などについてお話しします。

疑問や不安を解消して適正な表示ができるよう、ぜひ研修会にお越しください。

 

食品表示の研修会

日時

2019年7月16日(火) 14:00~16:00

会場

中河内府民センタービル 4階 大会議室
(大阪府八尾市荘内町2-1-36)
(駐車できる台数に限りがありますので、公共交通機関のご利用や、お車の乗り合わせをお願いします。)

対象

中部地域※の農産物加工・販売を行う農林漁業者、直売所関係者 約50名

(申込多数の場合は先着順)

※中部地域=大阪市、守口市、枚方市、八尾市、寝屋川市、大東市、柏原市、門真市、東大阪市、四條畷市、交野市

講師

大阪府 健康医療部 食の安全推進課 食品表示グループ 担当職員

内容

栄養成分表示を中心とした食品表示について

参加費

無料

主催等

大阪府(中部農と緑の総合事務所、流通対策室)

運営:(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所

申込方法(締切2019年7月10日(水)

参加申込書に記入し、FAXまたはメールで申込書記載の宛先に送付

添付資料

20190716「食品表示の研修会」(チラシ・参加申込書)[PDF:665KB]

■お問い合わせはこちら

食と農の研究部 食農支援グループ  

担当:宮原

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ