大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]報告 北部地域で研修会「これからの食品衛生管理」を開催しました

公開日 2019年02月28日

 2月14日(木)、大阪府北部農と緑の総合事務所との共催で、北部管内の農業者を対象に、研修会「これからの食品衛生管理」を茨木市市民総合センターで開催しました。

 

 食品衛生法改正により、原則としてすべて食品事業者に「HACCPに沿った衛生管理の制度化」が規定されました。加工品の製造販売に取り組む農林漁業者は以前にも増して、衛生管理に関する知識の習得が必要とされています。

 

 本研修会では、OFFICE LOB☆STYLE SUPPORT室長 海老澤 政之氏(大阪府6次産業化プランナー)を講師にお招きし、家庭でできる食中毒予防や、手洗い時の水の飛散を見える化した試験データ等を題材に、難しく感じる「HACCPに沿った衛生管理」について分かりやすく解説いただきました。

 

 また、研修会では瓶詰ジャムの煮沸消毒の実演も行い、農産物直売所「見山の郷」の岡氏に芯温の測定方法等の殺菌のポイントをご紹介いただきました。

 

 参加者からは、「現場で取り入れられる具体的な手法を知れて参考になった」、「身近なところから取り組めることが分かった」、「改めて衛生管理の重要性が分かった」、「科学的根拠となるデータをとってマニュアルを作成し、安全な商品を作りたい」、「実演がためになった」といった声が聞かれました。

 

 

講義の様子

 

 

実習、情報提供の様子

 

 

■お問い合わせはこちら

大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9790

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ