大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]食品関連事業者の参加者募集!「八尾若ごぼうの利活用を考える生産・加工交流会」

公開日 2018年08月10日

八尾市特産「八尾若ごぼう」の利用拡大を図るため、生産者と食品関連事業者の交流会を開催します。

 

「八尾若ごぼう」ってどんな野菜?

自社の技術で八尾若ごぼうを加工・販売したい!

新しい商品づくりのヒントが欲しい!

と、お考えの皆様、

八尾市の生産者や環境農林水産総合研究所研究員とお話ししてみませんか?

ぜひご参加ください!

と き

2018年9月20日(木)14:00~16:00

ところ

中河内府民センタービル 4階 大会議室

(大阪府八尾市荘内町2-1-36)

対象

八尾若ごぼうの加工・販売に関心のある食品関連事業者の方

 

内容

第1部 事例紹介

「地域食材を活かした商品開発」

(株)ストローブレイド代表 平野 幸廣氏(大阪府6次産業化プランナー)

 

第2部 生産者との交流会(ファリシリテーター:平野 幸廣氏)

八尾若ごぼうの生産者から「栽培方法」や「こだわり」等について、(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所から「水煮加工技術」等についてお伝えします。

食品関連事業者の皆様からも、自由にご質問、ご提案いただける場です。八尾若ごぼうの利活用を一緒に考えましょう。

参加費

無料

主催等

大阪府中部農と緑の総合事務所

八尾市農業啓発推進協議会

八尾商工会議所

大阪府流通対策室

(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所

申込方法(締切:2018年9月14日(金)

参加申込書に必要事項をご確認の上、

  • 参加申込書に記入し、FAXで申込書記載の宛先に送付
  • 申込書記載の電話またはメールアドレスに連絡

申込多数の場合、先着順とさせていただきます。お早めにお申し込みください。

 

参考

「八尾若ごぼう」の特徴

 

添付資料

八尾若ごぼう交流会チラシ・参加申込書[PDF:410KB]

■お問い合わせはこちら

大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

担当:宮原

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9790

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ